4人家族の人生家族4人の日常生活 

このページの記事目次 (カテゴリー: 産後鬱を乗り切ったあの日

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://6656680.blog85.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

長男出産後に産後鬱~乗り切ったあの日

   ↑  2010/01/22 (金)  カテゴリー: 産後鬱を乗り切ったあの日
長男は今5歳です。

長男出産後に私は鬱になりました。

理由は
初めての出産、育児
今までバリバリ働いていたのに突然孤独になった気分

出産後すぐにうつ病が発症
長男が泣いても何をしていいのか分からず
何をしても泣きまくり
家族と同居していたにも関わらず
母は育児の指導があまりなかった

時間関係無しに泣く長男
ついに私は育児放棄ネグレストをやってしまっていた

泣いても何もしない
オムツも変えない
ミルクも与えない
抱っこもしない
まるで居ない存在

この頃の記憶が無いので父や母、旦那から聞いた話を書きます。

長男がおお泣きをしているのに
泣き止まないので、父がコッソリ見に行くと
私は立って、だたジ―と泣いている長男を見降ろしていた
尋常じゃない光景に父は思わず、長男を抱っこした
それを見た私は、何も言わず何もなかったようにPCに向かって座ったそうです。

父は異変にきずき母に長男を渡し、ビックリした事を話したそうです。

この日から私の行動がおかしくなり
私の心は壊れて行きました。

泣いていてももう声は聞こえない

夜中のミルクも旦那があげ
夜泣きも任せていた。

昼間は母が面倒を見てくれ

たまに私に預けると、泣いていてもまるで聞こえていないように
ゲームをしている
問いかけても「え?泣いていた?そう・・・・」と言ってまたゲームの世界へ入り込む。


私の心はネットゲームの世界へ奪われてしまいました。
毎日毎日ゲーム
ご飯も食べない、寝ない、お風呂も入らない、家族との会話も一切ない
趣味だった買い物も一切しなくなり、外出も一切しなくなった

ただゲームだけが私の心の支えだった。

体重も60キロあったのに45キロまで一気に落ち
やつれて行った。

でも家族は何も言わない
何も言わず長男の面倒を見てくれていた。

そんな生活を2年以上過ごし

きずけば長男は一人でご飯を食べ、歩いている、走っている
いつのまに・・・・

私には長男が「笑った」「喋った」「ハイハイした」「座った」「寝返りした」「つかまり立ちした」
などの記憶は一切無い
記憶にある年齢は3歳から少しだけある。
その前までは「この子要らない欲しくない」と思っていたし。

ハッキリした記憶は幼稚園を入る少し前から。

個の頃からネグレストは治りつつあったが
やはりゲームを止める事が出来ず、すきあらばゲーム
そして、たまに長男の存在を忘れゲームに没頭する毎日

旦那に出かけようと言われても「行きたくない、ゲーム内で約束があるから無理」と言って
出ようとはしなかった。

このような生活も1年経ち

回復しつつある私は、次男を身ごもった。
私自身がこのままでは駄目だときずき、ゲームを止める決心をした。

だが、そう甘くはなく
なかなか辞めれない…
ゲームをしないとなんだか落ち着かない
イライラする。

これでは駄目だ!と思い…
私はアパートに引っ越す機会を利用し
インターネットをつながなかった。
PCも実家に置いていき、ゲームを立ち切った。

ここまで出来た理由は、次男を身ごもったからであると思う。
次男までもネグレストをしては駄目だ
するくらいなら産むなと言われるのが当たり前であり
完全に断ち切れなかったPCを置いて行った。

インターネットがなければゲームは出来ない
PCもなければ目に入らないからやらない

これが正解だった
アパートに行った半年間、PCに触れる事もなく
ネグレストもしなくなった
やっと普通に戻れた。

しかし、イーモバイルに出会ってしまい
購入してしまった
そしてPCもアパートへ持ってきてしまい
またPCをいじる日々が訪れた・・・・

しかし、私は自分を制御できるようになっており
ゲームは暇つぶし程度にするようになり、掲示板をみたりする程度になった。

今ではマイホームを購入し
PCにもあまり向かわなくなった
やっと普通に近い母親になってきたと思う

でも完全に治ったわけでは無い

私の病はいつでも潜んでいる
隙あらば出てくるに違いない
私自身との戦いはまだまだありそうです。

もっともっと子供たちを好きになりたい。
もっともっと愛せたら幸せなのに。
スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : 子育て (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://6656680.blog85.fc2.com/blog-entry-133.html

2010/01/22 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。