4人家族の人生家族4人の日常生活 

このページの記事目次 (カテゴリー: 出産

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://6656680.blog85.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

RH-型血液型不適合妊娠

   ↑  2009/10/08 (木)  カテゴリー: RH型血液型不適合妊娠
過去の話ですが、サーチワードによく出てきているので
書きますね。

RH-型血液型不適合妊娠とは
通常の血液型は「RH+」なのですが、稀に「RH-」の血液型が生まれます。
その一人が私です。

私は「RH-A型」です。息子達は「RH+A型」です。

母体がRH-で胎児がRH+の場合「RH型血液型不適合」になります。

母体がRH-の場合、胎児は必ずRH+だそうです。

じゃぁ不適合だとどんな変化があるのか

母体がRH-で胎児が+の場合
母体は拒絶反応を起こします。
-の母体が+の胎児を異物と判断し排除しようとします。

何故追い出すのかは、違う血液型だからだそうです。
人は自分と違った血液を受け付けないので、排除しようと働き出すのです。

胎児に対する働きは胎児の赤血球を攻撃し、貧血や浮腫を起こします。
早期なら流産、中期以降には早産、満期産の場合も出生直後から激しい黄疸が出現します。

不適合は妊娠回数(流産、中絶を含む)と共に症状が進みます。
最初の子にはほとんど症状は出ません。
これは抗体が出来て胎児を攻撃するまでに時間が少ないことにあります。
猛攻撃する前に胎児は産道を通って生まれてしまうのです。
しかし、次回以降の妊娠は妊娠時から抗体があるので、胎児への攻撃は妊娠初期から継続的に行われます

しかし、母体にはなんの影響もないので通院や治療はありません。

悲しい事実ですが、受け止めるしかない現実ですね。

私は不適合妊娠で2人出産しており
一人目は不適合の副作用?はまったくみられませんでしたが
二人目のは
早産&黄疸で、早産は前回の記事にも書きましたがウテメリン点滴でなんとか37週まで持ちました。
黄疸はやはり出てしまい、少しの間離れ離れで治療していただきました。


しかし、この拒絶反応から胎児を守る方法があります。
それは、必ず産後に打つ注射です。
それが「抗Dヒト免疫グロブリン注射」です。
出産後48時間以内に注射をする必要があり、次回の妊娠時に抗体を産生することがないように、出産後に抗Dヒト免疫グロブリン注射を接種します。

ハイリスク出産にも思えますが、抗Dヒト免疫グロブリン注射さえ忘れずに打っていれば
なんら問題は無いと思います。

打たなかったら、わが子を腕に抱く可能性が低くなるかもしれません・・・
ま、強制的に打たれますが・・

私も一人目のときに打ったので、二人目を抱ける日が来たのだと思っています。
もし、打っていなかったら・・・早産だけでは済まされなかったかもしれませんね。

この記事は素人が書いた物であって、専門家の意見では御座いません。
独自に調べ書いた物であるので、疑問に思う点などは掛かりつけ医にご相談ください。
妊娠中の自己判断は禁物です。
スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : 妊娠・出産 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://6656680.blog85.fc2.com/blog-entry-86.html

2009/10/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

帝王切開&切迫早産で役にたつもの

   ↑  2009/07/10 (金)  カテゴリー: 帝王切開
いまさらですが、ふと思ったので書いておこうかなと

帝王切開版
ふたにストローが付いたペットボトル
起き上がれなくても喉は渇く!蓋にストローが付いていると
寝ながらでも飲めますよ
こぼれないし便利です

個人病院なら、携帯&充電器、イーモバイル&PC、イヤホン
雑誌
フェイスタオル、爪きり、耳掻き、目薬
退院時のお化粧品、服、靴
術後は傷が痛いので、デカパン臍上までくるようなやつ
ナプキンやウエットティッシュ、乳パッド、パジャマ、スリッパ
シャンプーリンス、くし、などは病院で用意されている所もあるので
確認してみましょう。

術後~3日後まで誰か付き添ってもらったほうがいいと思います。
付き添う人は、寝ないでください!w
術後は時間に関係なく、痛みに襲われます
看護婦さんも何度も見に着ますが、やはり痛いので起きてくれているほうが、助かります。

術後3日目までは、痛くて辛い日々ですが頑張るしかない!
痛いときは、フゥーフゥーと痛みにあわせて息をはき
力を抜くと、少し和らぎます。
歩行練習も痛いのに動きたくない!と思うけれど
動かないと傷や子宮の回復に役立っているので頑張って歩くの!

術後一日目の下の世話は、看護婦さんがすべてします。
子宮の痛みは半端ないです、痛かったら我慢せず座薬をもらいましょう!(後陣痛ですね)
二日目か三日目で、歩行練習、トイレも自力で行かされます。

あと追記
お見舞いですが、帝王切開の場合
術後すぐはやめて貰いたい。
機械が体に沢山ついているし、体は浮腫んでいるし、カテーテルはついたままだし
なんせ痛いし、かえってお見舞いは迷惑です。
食べ物も持ってきたなら、数倍迷惑です。
術後~数日は食べれません。
お見舞いに来るなら、術後5日目がいいと思います。
歩行練習も終わり、傷も最初に比べれば痛くないので
落ちいついてお話も出来ると思います。


切迫早産版
24時間点滴、絶対安静生活なので、フェイスタオルが役に立ちました
ウテメリン点滴は痛くて腕が辛いので、フェイスタオルを握ったりして痛さを和らげていました

携帯電話もかなり役に立ちました!
日々の記録をつけたり、写真撮ったり
ただ動悸が激しいので、操作は辛かったですがw

雑誌などもいいと思いますが、座って読んでいたら怒られたのでNGっぽいです。

耳掻きは良かったです!
長い入院生活、耳も痒くなります

なんせ24時間点滴が痛くて辛いので、殆ど寝てすごしました・・・
動悸が激しいので、少し動くだけで疲れる
貧血も出てくるので、クラクラするし下手に動くと危ない
なんだか痒い、とくに手が痒い
先生曰く、たまに痒くなる人がいるらしいです。
入院が長くなると、腕の血管が潰れるのでいろんな所を刺されます。
腕が駄目なら、手首。。それも駄目なら、手の甲・・・・それも駄目になれば・・・聞いた話、足にもするそうです。
そんな中、雑誌読んだりお喋りしたりあれしたりこれしたり
なーんて出来ません
歩けるチャンスは、トイレだけ
トイレをするときは、かならずナースコールで看護婦師さんを呼んでから
しかもトイレまで付き添いです。(私の場合はね)
それも駄目な人もいるようですね
トイレも歩いては駄目だから、カテーテルをする人も・・
夜は、ベットの横にポータブルトイレをセットされます。
最初は抵抗あるけれど、これも赤ちゃんの為!と思って頑張って・・!

もちろんシャワーお風呂は禁止です。
24時時間点滴をしなければ駄目なので、入れません。
張りが弱く調子が良いと、シャワーの許可がおりますが
長くて30分
その後そく点滴開始です。
ひどい時は、点滴をしたままシャワーです。

髪はボサボサでベトベト、体は垢でイッパイになちゃいます
私の病院では、ペルパーさんがいらっしゃり
毎日体を拭いて、着替えをさせてくれました。
ヘルパーさんがいない病院なら、家族に体を拭いてもらうのをお勧め
服は看護婦さんにお任せしてくださいね
点滴が抜けては大変な事になりますから!

なので一番あってよかったものは、タオル!


帝王切開も24時間点滴も かならず終わりが来るから頑張って!
入院生活での励まされた言葉です
「かならず終わりが来るから」

いまでも心にしみます。







(記事編集) http://6656680.blog85.fc2.com/blog-entry-30.html

2009/07/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

次男と長男の帝王切開記

   ↑  2009/07/10 (金)  カテゴリー: 帝王切開

2008年5月16日(37週目)2回目

 
帝王切開の為点滴開始。(激痛)
10時家族が病院に到着。
14時30分 尿管を通す。(激痛)
15時
手術開始。
麻酔は局部麻酔、腰からチューブで麻酔を入れる。
麻酔の針を刺す為の、麻酔が痛かった・・・。

麻酔をし、直ぐに手術開始され、効いていないのに切られ激痛。
痛いと訴えても、始めてしまったのでもぅ止められないと告げられ
激痛の中手術続行。
この世とも思えない痛み、いっその事気絶させてくれ!と願った・・。
麻酔が効いて無いのに、お腹を切られ子宮を切られ、赤ちゃんを引っ張り出す、あの感触。未だに忘れられない・・
体は羽交い絞めされているので、動けず叫びまくる事しか出来なかった。
長く感じた手術だったが、実際19分で終っていた。


15時19分 ☆次男誕生☆

 

一瞬だけ息子を見せてもらい、その後は笑気ガスで堕ちた。
堕ちる瞬間、ガスが息苦しくなり、マスクを払いのけたかった。
誰かに首を絞められている気分だった。
苦しさを我慢していると、闇が渦を巻いて迫り、自分が闇の中へと落ちて行くような感じになり、そこから意識が無くなった。同時に息も楽に。
ガスが効いている間、妙な事を体験した。
ドクターや看護師達が喋る声が、ドームの中で聞いている様な感じで
ずっとメスなどの置く音(カシャンカシャン)の音が一定の間隔で聞こえてくる。
目を開ければ、看護士が私のマスクを抑えている。
電気がまぶしく、直ぐに目が閉じてしまう、なんだか自分が小さいドームに入っていて、その外側からみんなが覗いている感じに思えた。
頭が小さく、胴が長く大きい感じで、それが現実だと思っていたら、夢だったようだ(´・ω・`)・・全てが夢だったようだ。

手術後
ナースステーション横で点滴と血圧計と心電図?ピッピッピッピtって死ぬとピーーーーーーーってなるやつ(ナニ
それを付け、どれくらいだったのか、長い時間そこで看護師達に観察される。
その間家族は、生まれたての息子と戯れ。とても嬉しそうな声がしていた。
その時の私は、意識は半分なしで、時々目を覚ます程度だった。


その後病室へと戻り、全ての機器を付けたまま就寝。

痛さのあまり、痛み止めの筋肉注射を一回
座薬を2回使用。


5月17日
傷の痛みは無く、子宮伸縮が痛く座薬を一回。
かなり回復していたので点滴意外の機器を外す。
21時、ガスが出て点滴が外され、水分の許可もおりる。

5月18日
10時頃、点滴開始(2時間)
13時、尿管が外れる。
14時、歩行練習
15時、点滴 おやつ無し
16時、入院用病室から一般病室へと移る。
ご飯は、絶食していたのでスープやジュース重湯だった。

5月19日
ご飯がお粥になった。
9時、フットバス
9時30分、回診
10時、点滴
12時、乳止め薬を貰い飲む。
16時、点滴

5月20日
11時、シャンプーをヘルパーさんにしてもらう。
15時~19時、息子の世話。

5月22日
10時、採血、傷口の消毒 シャワーの許可がおりる。
点滴終了。

5月23日
10時、沐浴の撮影。
15時、骨粗鬆症検査(結果、スカスカ 食事指導を受ける)

5月25日
10時、退院。
ドクターと写真撮影&ビデオ撮影。

長くなりましたがこれで終わり。

退院後の腕はまだ腫れ上がり痛かったけど、家に帰れる嬉しさのあまり
痛さを忘れていました(*´ェ`*)

本来は2008年6月5日が出産予定だったのですが、2008年5月16日(37週目)と、かなり早い出産となりました。

早く生まれ小さい遼は、ミルクを飲む力が弱く、よく吐きます
やはり小さく早く生まれると、少し弱い面がありますね。





長男の帝王切開の時

予定日を一週間超えても頭が下りない、妊娠中毒症、高血圧症、児頭骨盤不適合
の為、帝王切開

2004年6月16日 手術決行

麻酔方法は次男と同じ、しかし麻酔がよく効き
術中の痛みはまったく無し

術後の痛みは、初めてだったのでうなりまくった記憶が・・・

トイレの歩行練習もままならなかった

生まれてすぐの長男は、保育器へ
お腹の中に居る間、途中で栄養が回っていなかった為
ガリガリで産まれ、保育器へ。

その後の長男の体調も戻り、同時に退院出来た。

 長男の帝王切開の記事が消えてしまったのでこれだけですね。






(記事編集) http://6656680.blog85.fc2.com/blog-entry-29.html

2009/07/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

お役に立つかなと思い 切迫早産経験談

   ↑  2009/07/10 (金)  カテゴリー: 切迫早産で入院記

私が経験した切迫早産の経験談を書いておきます。

2008年6月5日が予定日だったんですが、切迫早産(35週目)、前回帝王切開、児頭降下無し、児頭骨盤不適合の為
5月16日(37週)に帝王切開で出産しましたぁ。


5月16日
○○遼 誕生
午後3時19分
身長47.1cm
体重2724g

これから↓はリアルで長い文章です、興味がある人だけ見てください。
入院生活や手術の記録です。


5月6日~5月15日まで切迫早産(35週目)の為絶対安静及び塩酸リトドリン
の精密持続点滴を行い、陣痛制。

5月16日
児頭骨盤不適合、前回帝王切開、児頭下降り無い為帝王切開にて出産。

5月16日~5月25日
帝王切開の為10日間入院。


今までの入院生活をちょこっとご案内。

7時 心音機器装着(40分間)
7時45分 朝ごはん
9時30分 貧血の注射
10時 病室のお掃除(ヘルパーさんが担当)
11時 心音(40分間)
11時45分 昼ごはん
14時 回診
15時 おやつ
16時 心音
17時30分 晩御飯
20時 心音
21時 消灯

↑これが毎日

5月6日
違和感のあるお腹の張りがあった為病院へ電話
即来てくれとの事で、急いで病院へ。
張りが7分おきにあり、即入院&絶対安静。

張り止めの塩酸リトドリン点滴開始。37週目(15日)まで強制的に点滴(毎日24時間)
塩酸リトドリン(ウテメリン)点滴は、動機が激しくなり指先の震えが止まらず、携帯でメールをするのも困難。
動機が激しすぎて、ご飯もまともに食べれない状態。
携帯画像 009



5月7日8日
この日は、頭痛と歯痛に悩まされ殆ど寝れなかった。

5月9日
15時に診察&内診があり、赤ちゃんの様子をチャック。
赤ちゃんは相変わらず、上のほうにおり下がらない。
推定体重2631g

シャワーの許可がおり、久しぶりのシャワー。点滴もこの間だけ外された。
その後即点滴開始、左にしていた点滴を右に変更(左の血管が潰れて打てない) 針が刺さっている間ズキズキ痛んだ。
携帯画像 006携帯画像 005
携帯画像 003携帯画像 002



5月10日
今日から点滴を少し弱めにして、張りが無いようであれば11日に点滴解除。

5月11日
張りが相変わらずあり、点滴を外す予定は無し。再度点滴持続。
携帯画像 008




5月12日
何も無く終了。

5月13日
9時頃、足のフットバスをしてくれた。少し気分がほぐれる。
13時 先生に、ほぼ帝王切開での出産になる事を告げられる。
ショックのあまり、一人病室で泣き崩れる。

5月14日
11時頃、他の病院で骨盤と赤ちゃんの頭の位置確認の為、レントゲン。
結果、「児頭骨盤不適合」と診察。
12時頃、ドクター2人が検証。
診察結果・・・・「児頭骨盤不適合」「前回帝王切開」「児頭下降り無し」
で、帝王切開が決定した。
点滴は外され、数パーセントの確立を信じ、陣痛を待ち頭が降りる事を待つ。
腕は点滴のせいで、ボロボロになり刺すところが無くなってしまった。
約10箇所は刺した。
腕に服が触れるだけで、激痛が走る。
携帯画像 007

5月15日
シャワーの許可。
張りは敏感にあるものの、陣痛&頭は降りず、結局帝王切開決定。
12時、明日の帝王切開の準備の為、お腹、背中、股の毛を全剃り。
心電図、胸のレントゲン。
21時から許可が下りるまで、水分&食事制限。

以上が切迫早産の入院生活です。

帝王切開の記事を読みたい場合は、カテゴリーから進んでください。










(記事編集) http://6656680.blog85.fc2.com/blog-entry-28.html

2009/07/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。